あふぃり〜ちどっとこむ

アフィリエイトを始めるための準備と注意点(備忘録)

リビジョン削除&最適化プラグインOptimize Database after Deleting Revisions の設定

      2017/10/21

 

リビジョンの整理に使っていたプラグインたちが更新されてなく、古くなってきたようなので代わりになる更新されてるプラグインを探していたら

Optimize Database after Deleting Revisions を見つけ、使ってみた

で、良い感じだったので、設定の仕方メモなど。。。。。。。

というかですね、設定項目が英語なんでそれを明確にしておこうではないか!

という内容のメモです……….

Optimize Database after Deleting Revisions

https://ja.wordpress.org/plugins/rvg-optimize-database/

 

〜〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、Optimize Database after Deleting Revisions の設定の仕方&内容

☆2、サイトによっては途中でエラーになる(注意点)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、Optimize Database after Deleting Revisions の設定の仕方&内容

このプラグインはどのように削除してデータを最適化するか細かく設定できるようになってる

データの最適化って一歩間違うとアレなんじゃ!?という感じですよね笑

なのでメモしておきます ザザーッと自分のために笑

まずインストールして最適化する前にサイトのバックアップはいつも通り必須

 

でインストールして有効化したらその設定をしますが、、、、

Optimize Database after Deleting Revisions の設定

Delete revisions of:
リビジョンの削除は固定ページのみ?投稿ページのみ?両方?を設定できる

Delete revisions older than: oo days:
ooより古いリビジョンを削除する(ooは日にち)

Maximum number of – most recent – revisions to keep per post / page:
ポスト/ページごとに保持する最新のリビジョンの最大数を設定できる
(0にすればリビジョン全部削除できる、あぁスッキリw)

Delete trashed items:
ゴミ箱のアイテムを削除するかどうか設定できる

Delete spammed items:
スパムのあるアイテムを削除するかどうか設定できる

Delete unused tags:
未使用のタグを削除するかどうか設定できる

Delete expired transients:
期限切れのトランジェントを削除するかどうか設定できる

※トランジェント
直訳では「一時的な、はかない」。AVの世界では「過渡応答」とされる。「トランジェントが良い」とは、元の信号に余計な成分が付かず、なまったりもせず、瞬間的な信号の変化にもすばやく追従できるという意味だ。

▷http://www.weblio.jp/content/トランジェントより引用

 

Delete pingbacks and trackbacks:
pingbacksとトラックバックを削除するかどうか設定できる

Keep a log:
ログを残すか設定できる
(この最適化の内容のログを残すのかい?ってこと)

Optimize InnoDB tables:
InnoDBテーブルを最適化するかどうか設定できる

※InnoDBとは
ストレージエンジンの1つのようだけど調べても私にはよくわかりません笑

 

Scheduler:
スケジュールを設定して自動で最適化させるかを日単位、週単位、月単位、時間とか設定できる

 

Show ‘1-click’ link in Admin Bar
管理バーで「1クリック」リンクを表示させるかの設定

Show an icon in the Admin Menu:
管理者メニューにアイコンを表示するかの設定

 

それと上の画像にも書いてますが、最適化を除外するテーブルも設定できる

 

 

あと、結果での内容で

Last run:
最後の実行日

Number of excluded tables:
除外されたテーブルの数

Total savings since the first run:
最初の実行以来の総節約

なども確認できる

 

ま、いちいち書かんくても想像できるんですがなんか不安なんで調べてみましたyo笑

 

 

☆2、サイトによっては途中でエラーになる

で、かなりデータを軽くスッキリできます

容量半分くらいになったサイトもありました

 

んが、重いサイトで試してみたらクルクル回るやつがいつまでも回ってました笑

よく見ると下の方になんちゃらエラーってちっさく書いてありました

 

 

Fatal error: Allowed memory size of 268435456 bytes exhausted (tried to allocate 64 bytes) in/~~~~~~~~~~~~~~ on line 1841

 

致命的なエラー、〜〜〜〜〜の1841行目にある268435456バイトのメモリサイズが使い果たされました(64バイトをわりあてようとしました)

 

だそうです笑

 

なんかよくわかりませんが重いサイトなので無理なのかもしれません笑

 

 

Optimize Database after Deleting Revisions終わらない

 

ずう〜〜〜っとこれがクルクル回ってました笑

 

これ回ってる最中ももちろん普通に他から開けるんですがなんか閉じるの怖かったのでしばらく待ったのですが終わらないのでそっと閉じました笑

何回もそれやってみてますがとりあえず私の環境では大丈夫でした

ただおっかないのでそのサイトだけはリビジョンの削除だけにしてます
(それでもクルクル&エラーになるけど)

 

以上みずみずしいキラキラした現場報告でした……………………………………

 

 

"サーバー契約・ASP登録・ドメイン取得” の
注意点や選び方をまとめてみましたので
こちらもチェックしてみて下さい☆
★レンタルサーバー選び方
注意点
はこちら

★登録必須ASPの内容
ピックアップ
はこちら
★独自ドメイン取得
注意点
はこちら

 - Wordpress プラグインについて , , ,

スポンサーリンク



スポンサーリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + eighteen =

  関連記事

関連記事を表示させるWPプラグインYuzo–Related Posts

  ブログサイトにおいて、当然ですが ユーザーにより多くの記事を読んで …

アドセンス広告を簡単に一括管理して表示する(Quick Adsenseとレスポンシブコードを使う)

  〜〜追記〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ※2016.4.12月現在、&#822 …

Word Pressサイトにソーシャルブックマークを設置する

      アフィリエイトサイトの場合もブログと一 …

Google Analyticator(アクセス解析設置プラグイン)の設定

      Google Analyticator …

Table Press (Word Pressで簡単に表を作成)

  簡単に表を作成したいなって時には 単純にWord Press投稿エ …

タグを記憶させておけるWPプラグン AddQuicktag

  記事を書く時毎回使うタグってありますよね それを毎回書いてると面倒 …

ワードプレスのプラグインが削除出来ない場合の対処法

WPプラグインってダッシュボードからでは削除できない場合があるけどその場合の削除の仕方をば……

関連記事を自動表示させる〜Yet Another Related Posts Plugin〜

    ブログは投稿すればするほど古い記事が埋もれてしまいが …

AdSense Integration WP QUADSの不具合対策

ワードプレスのプラグインって便利ですがたまに予期しない不具合でダメージを隠せない …

TinyMCE Advanced(ワードプレス投稿画面エディターカスタマイズプラグイン)

    TinyMCE Advanced 設定(ワードプレス …