あふぃり〜ちどっとこむ

アフィリエイトを始めるための準備と注意点(備忘録)

Word Press SEOプラグイン〜All In One SEO Pack の設定〜

      2016/02/28

All in One SEO Pack 2-min

 

SEO対策はしているでしょうか?

私はタイトルをやや気にしなければならないねぃ……….

くらいしか….というか全くしてませんでした 笑

タイトル、キーワード、内部リンク、サイト軽量化、表示速度最速化、そして被リンク…..などなどまだまだあります

それらが大切なのはわかってはいるものの、変に知識なく中途半端にやるくらいなら無視をする方がマシ 笑

そう考えて、解る事以外は無視してます 笑

 

そして “All in One SEO Pack” というWord Press SEOプラグインは知ってましたが

めんどくさそうで 笑 手をつけていませんでした…..

ですが “サイトマップ”(ユーザー向け用の)を作成しているふとしたきっかけで

あぁ、安易にやってみるのもいいかもしれないなと思い、やってみたらわりといいかも?

って感じましたので、備忘録しておきます……

まあ これをするからって 大きく変わらないでしょう,,,

でもきっと小さくて地味なことの積み重ねなのかもしれないなと 想うのです

 

 

 

☆ All in One SEO Pack の設定

 

大きく分けて、

〜〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1*メインのGeneral Setting

2*ウェブマスターツール、アナリティクスの設定

3*XML Sitemap の作成、送信

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

これらが簡単に出来てしまうステキなプラグイン♥笑

ですがわりと話は長くなりそうです

おやつとコーヒーを準備して下さい笑

 

 

 

1*メインのGeneral Setting

まずWord Pressプラグイン All in One SEO Pack  をインストールし、有効化
All in One SEO>GeneralSettings>を開き設定していく

All in One SEO General Settings

 

 

General Setting
まずCanonical URLs にチェックが入っているか確認
たしかデフォルトで入ってたような,,,,

General Settings_1 Canonical URLsとは……
1つのページを表すURLが複数存在するらしく、
どのURLからも同じページに行けるけど、どのURLが正規かを提示して、重複コンテンツとされてしまうのを防ぐことが出来る
他もここはデフォルトのままでOK

 

 

Home Page Setting

Home Page Settings

タイトル、Description 、キーワードの設定です
タイトルはオリジナリティ のあるもので、尚かつキーワードを含めたものがよいとされています
私のこのサイトは参考になりませんね笑

キーワードはそのキーワードで上位表示させたいメインキーワード1〜2個程度
(現在の検索エンジンには関係ないらしいけど一応入れておいた方がよいらしい

“Description” って何それ 食べれるの? って感じですが笑
検索された時表示されるサブリードみたいなものなんですって……下記参照

ディスクリプション

 

 

Keyword Settings

Use Keywordsにチェックを入れ、
あとは外す(ページごとにキーワード設定が可能になる)

Keyword Settings

他を外すのはここにチェックをいれると自動でキーワードを作成されてしまうから
せっかくだからページごとに自分でキーワード設定したい
そうすることによって記事の内容もどこに向かっていけばいいのかはっきりする

 

 

 

 

Title Settings

利用停止にチェック……….

Title settings

タイトルを変える意味がわかりません 笑 最初から変える必要のないタイトルにしたいw
検索結果に表示されるタイトルのことのようですが、タイトルが違うのってどうなんでしょう?笑

他はタイトルやカテゴリーを大文字にするかい?ってことっぽいのでどっちでもいいから
デフォルトにしておきました。。。。。

 

 

 

 

Custom Post Type Settings

Custom Post Type

 カスタム投稿機能を使うときも、個別にSEO対策ができますよという設定らしい
なんだかさっぱりわからませんので先輩方がこうしときというままにしてみました…………

 

 

 

 

 

Display Settings

ディスプレイ設定

 

1つめは、投稿ページで各ページのSEO設定が出来るのだけれど、その設定画面を投稿ページに表示させるかどうかの項目
投稿ページと、固定ページは設定が必要なのでチェックを入れる
こうすることによって、投稿するときに設定可能になる
メディアとコンタクトフォームには必要ないので入れませんでした

2つめと3つめはダッシュボードのサイドとトップにこのプラグインのタブを表示させるかどうかの設定
表示される方がわかりやすいのでチェック入れときました

 

 

 

 

 

2*ウェブマスターツール、アナリティクスの設定

Webmaster Verification 

まず、グーグルウェブマスターツールにアカウントが必要
サイト構築のためには欠かせないツールで、まだの方はこの機会に済ませておいた方がよさそう

そしてサイトの登録、承認、確認をする
(”このサイトを確認” をクリック)
サイトの確認

 

おすすめの方法から、別の方法をクリックし、
HTMLタグのボタンをクリックすると、タグを取得出来ます

ウェブマスタツールHTMLタグ

まずこのタグをコピー
○×▲□●◎■▽×”content=” 最終的にはここの部分のみをコピー “/> し、

 

下図へコピペします
ウェブマスタツールコードコピペそして設定を保存

 

 

またウェブマスターのページへ戻り、左下あたりの確認ボタンをクリック
ウェブマスタ確認 のコピー

 

 

 

正しく出来ていると下図のようになる

ウェブマスタツール所有権の確認

注意事項としては、タグコードを全部コピペしたり、” を含めてもNGでした

 

 

 

 

 

Google Settings

G+の設定など出来ますが、最近ではあまりメリットがないようなので、グーグルアナリティクスの設定のみ
してみました

グーグルアナリティクスのアカウントもまだの方はすませておいた方がよさそう
(Google Analyticator(アクセス解析設置プラグイン)の設定 参照)

まずグーグルアナリティクスのアカウントで、”アナリティクスID” をコピーしてくる
(UA-ではじまるコード)

それをコピペし、ブルーのボタンをクリック
アナリティクスID設定

 

 

 

すると下図のようなアクセスを許可出来る画面になるので、許可をクリック

アナリティクス許可

 注意点としては、G+アカウントを何個も持ってる場合、そのサイトのアナリティクスアカウントのG+アカウントにログインした状態で進める

最後また設定を保存

 

 

 

 

 

Noindex Settings

Noindex Settings カテゴリーはインディクスさせたいのでチェックを外しました
他は重複の香りがする部分にはチェックを入れました

最後の3つはよくわからないので白紙で提出 笑

つまりインディクスさせたくない項目にチェック入れればいいんだと感じます

 

 

Advanced Settings

Advanced Settings

これは…なにか色々追加出来るようですがよくわからないし存在感も薄いので…….
デフォルトで参ります 笑
先輩方の足跡をみてもデフォルトでいいようです

 

 

 

 

 

3*XML Sitemap の作成、送信

サイトマップはユーザーのための目次となるサイトマップと、
検索エンジンに対して送信し、インディクスを助けるためのものとあり,

ここでは検索エンジンに送信する方のXML Sitemapの作成、送信をする

このプラグインで作成し、ウェブマスタツールで送信すると私でも出来たので笑
きっと簡単w
ここまできたらせっかくだからやってしまった方がよさげ

( ̄)ェ( ̄)b

 

まず、ダッシュボード>All in One SEO>FeatureManager>を開き

Feature Manager

 

 

 

下図の絵柄のブルーボタンをクリック
XML Sitemaps

 

 

それから
ダッシュボード>All in One SEO>XMLSitemap>を開く

XML Sitemapページへ

 

 

 

下記のように設定すればいいっぽい
XML Sitemap設定

 まずファイルの名前はデフォルトでOK
・Google, Bing, に通知はしたい笑
・Enable〜は、記事が50,000ページ以上なサイト以外はチェックなしでOK
(そんなの重複以外にあるのかな?)
・Post  Type は、サイトマップに投稿ページ、固定ページ、は生成したいからチェック
・Taxono〜は、カテゴリ形式でいいのでチェック
・アーカイブページ、投稿者ページは生成しなくていいのでチェックなし
・ロボtextにサイトマップリンク?ロボには伝えて下さい笑チェック
・ダイナミックにサイトマップを生成して下さい笑チェック

 

 

 

 

Additional Pages 

コレは手動でサイトマップを作成する際に設定する画面なのでスルー
それはスゴイ,,,,,,,,

Additional Pages

 

 

Excluded Items 
サイトマップから除外したい項目の設定

Excluded Items

私はコンタクトページを除外してみますた(要するにインデクスしてくれなくてもいいページを記入)
そのページURLのパーマリンク部分を記入すればいいみたひ 
パーマリンク設定〜WordPressでのネット上記事住所設定〜参照)

 

 

 

Priorities 優先順位?デフォルトで…..

Frequencies 更新頻度?デフォルトで….. 

Priorities,Frequencies

最後 “Update Sitemap” クリックでマップ作成〜!

 

 

これをウェブマスタツールに行って送信する
下図のようにサイトマップをクリック

ウェブマスタツールサイトマップ

 

 

サイトマップ名を入力して、サイトマップ追加テストしてみてOKなようなら
サイトマップを送信

サイトマップ送信 これでO.K!

 

 

あとは各ページ投稿するたびに、SEO設定をマメにしてみましょう〜〜
下図のように投稿画面の下の方で設定出来るようになってるはずよ♥

SEOページ設定

 

以上 あふぃり〜ち備忘録でした

お疲れ様でした

(‾ェ(‾ェ‾)ェ‾)b

 

"サーバー契約・ASP登録・ドメイン取得” の
注意点や選び方をまとめてみましたので
こちらもチェックしてみて下さい☆
★レンタルサーバー選び方
注意点
はこちら

★登録必須ASPの内容
ピックアップ
はこちら
★独自ドメイン取得
注意点
はこちら

 

 - Wordpress プラグインについて, SEOについて , , , , ,

スポンサーリンク



スポンサーリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5 + one =

  関連記事

All In One WordPress Security and Firewall Plugin の設定

      〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ☆A …

スクロールしてもついてくる広告の設置

    スクロールしてもついてくるサイドバーの広告って賛否両 …

記事内にソースコードを表示させるプラグイン Crayon Syntax Highlighter

  サイトで記事を書いていると、CSS ,HTML, などのコードを書 …

Google Analyticator(アクセス解析設置プラグイン)の設定

      Google Analyticator …

Optimize Database after Deleting Revisions終わらない
リビジョン削除&最適化プラグインOptimize Database after Deleting Revisions の設定

ワードプレスでリビジョン削除&コントロールのプラグインが更新されてないからOptimize Database after Deleting Revisionsを試してみました。設定の仕方メモです。

リンク付き画像を簡単設置〜Image Widget〜

    サイドバーなどにリンク付きの画像を設置したい時ってあ …

BackWPupエラー

  Word Pressで、サイトのバックアップを取るのに、 私は プ …

AdSense Integration WP QUADSの不具合対策

ワードプレスのプラグインって便利ですがたまに予期しない不具合でダメージを隠せない …

scroll to top系で使いやすく更新されているWordPressプラグイン

トップに一瞬でスクロールできることはサイトを見やすくするために必須にかんぞますが、そのプラグインも更新されていて最新のWoord Pressと互換性あったものを選んでおきたい

WordPress Related Posts 関連記事表示プラグイン!

関連記事表示プラグインWordPress Related Postsがすんごいカスタマイズ自由で完全管理できちゃう!設定の仕方備忘録です。