あふぃり〜ちどっとこむ

アフィリエイトを始めるための準備と注意点(備忘録)

さくらサーバーでWPをドメイン直下に簡単クイックインストールする方法

      2016/08/04

 

さくらサーバにワードプレスをクイックインストール(自動インストール)には

ひとクセあることは以前このサイトでも書きましたが、
(ドメイン直下にインストール出来ない⇒サイトのトップURLにインストール先フォルダ名も表示されてなんだかヘンテコリンなURLになってしまうなどなど..)

 

何度かやってみて偶然手順を間違えてうまくいったりしながらとても簡単な方法を見つけました

で、確信を得るためにもさくらサーバサポートにTELにて確認したところ、やはりこのやり方を進めて頂いたので、このやり方がどうやら一番手っ取り早く、簡単なようです

これはつまり

さくらサーバでワードプレスをドメイン直下にクイックインストール(自動インストール)する一番簡単で最短な方法、手順ということ…

 

このページは以前実験した結果を書いていましたが、今回新しい情報に書き直し

最終メモとして備忘録しておこうと想う

以前の実験メモもあしあととして最後の方に残しておきます…..

 

 

さくらドメイン直下 2

 

 

で、最初にドメイン直下にワードプレスをクイックインストールして失敗し、すでにWPの設定もしてしまい、アンインストールしてインストールし直すのがイヤ!って方はこちらを参照下さい

URLを設定し直すやり方です(ドメイン直下にインストール出来ず、URLが変てこになっていてそれを修正したい場合のやり方

さくらサーバにドメイン直下にクイックインストール出来なかった時の修正の仕方参照)

 

 

で、本題ですが,,,,

 

項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、さくらサーバでドメイン直下にワードプレスをクイックインストールする一番簡単な方法
(このやり方の特徴)
・URL変更やファイルマネージャーで移動などをしなくて済む
・URLが2つ存在してしまう結果にならないように出来る
・簡単な手順で最短でインストール出来る

☆2、以前の実験で手順を間違えながらもなんとかなった方法(過去記録)

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

 

☆1、さくらサーバでドメイン直下にワードプレスをクイックインストールする一番簡単な方法

 

これから新たにワードプレスをクイックインストール(自動インストール)したい場合の

一番簡単な方法ですが、

まずは先に

独自ドメインをサーバに設定と、データベースを先に作成しておきます

 

手順1*独自ドメインをさくらサーバに設置します
(独自ドメインは先に購入しておく)

⇒ さくらサーバにムームードメイン設置参照)

 

手順2*次にさくらサーバでインストールのためのデータベースを作成する

さくらサーバデータベース作成手順参照)

 

ここまでは通常と同じです

 

 

次に

 

手順3*さくらサーバクイックインストール

このやり方は、さくらインターネットで取得したドメインでも、他から取得したドメインでも同じくできました。

さくらサーバ管理パネル>クイックインストールを開く

管理パネル>クイックインストール

 

 

 

次に、下図のように設定する

初期ドメインでインストール

※①にチェック

※②【POINT1】
ここには独自ドメインではなく、
さくらサーバで契約したときのマスタードメイン(初期ドメイン)を選択する
(自分で設定した名前.sakura.ne.jpってやつ)

※③にインストール先のフォルダ名を記入
(わかりやすく、ドメイン名がいいかも。。そして、ドメイン設置でこのフォルダ名を先に作成している場合、同じ名前にしておく)

※④上記で事前に作成しておいたこのドメイン用のデータベースを選択
(これを選択し忘れてデフォルトのままだと面倒なので注意)

※⑤データベース作成時に設定しておいたパスワードを記入

※⑥テーブル接頭語というのはそのサイトファイルデータの頭にくる、識別するための決まり文句みたいなものですが、wp_とかはセキュリティ上良くないので、自分で組み立てた方がよい
5~8文字くらいでいい(メモなりしておく)

全て記入して確認したらインストールする

 

 

で、

 

【POINT2】
この次にアプリケーションの設定に進まず
ドメインの設定(ドメインパスの設定)をする

インストールしたあとすぐ通常通りアプリケーションの設定をしてしまうと独自ドメインURLで検索してもヒットするようにはなりますが、ログインするときマスタードメイン(初期ドメイン)が表示されてしまいます

これは第三者がログインをクリックした場合も表示され、見られてしまいます

これってサイトのURLが2つ存在してしまっていることで、しかも第三者にも見られてしまう可能性があるってことです

この状態はあまり心地よいものではないので、そうならないために

インストールしたら次にドメインの設定(ドメインパスの設定)&確認をします

   ☟

 

手順4*ドメイン設定(ドメインパスの設定)&確認

さくらサーバ管理パネル>ドメイン設定 を開管理パネル>ドメイン設定

 

 

下図のように、ドメイン一覧で、対称ドメインの変更タブを開き
ドメインパスを設定する(ドメイン設置で先にしてある場合も確認し直す)

ドメイン設定(ドメインパス)

 

 

 

変更をクリックすると下図の画面になるので、設定&確認していく

ドメイン詳細設定

マルチドメイン対称フォルダの指定をする(ドメインパスの設定)
これはドメイン設置&設定ですでにしている方もいるかもしれないがここでもチェックする

 

 

 

ドメイン詳細設定2

デフォルトで問題ないのですが、“SPFレコード” なるもののチェックが外れている場合がありますので、チェックを付けておく(上書きされますがいいのかい?的なことを確認されますが、事前に自分でレコードを設定してないならOKです。また、この項目は迷惑メール認識される場合があることを防ぐ項目らしいのですが、それはごくマレなので、チェックした方が良いが、チェックせずともインストールには問題ないとのこと….それと、ここでチェックして送信しても、すぐに反映されないようです、暫く立つと反映されますので、すぐに反映されてなくとも、次の設定に進んでOKです
<これらもさくらサーバサポートさんに確認済です>

で、送信する

 

 

 

このあと、独自ドメインURLで検索し、ログイン&ワードプレス設定する
(パスワード、ID等は忘れないよう、メモなりなんなりをしておく)

 

 

以上が一番簡単に問題なくワードプレスをさくらサーバにクイックインストール出来る手順です

 

 

ここでレンタルサーバー選びについてですが、

ワードプレスインストールは初心者には最初の壁な気がするのですが、やってみると自動インストールがあるのでFTPでなくとも簡単に出来てしまう

エックスサーバーだとそういったことが初心者でもわかりやすく使いやすい

で、さくらのサーバですが、“高スペックでしかも低コスト”という意味ではダンゼンオススメです

ですが自動インストール(クイックインストール)にひとクセあったりなどで初心者の方にはナンバーワンにオススメではないやもしれないと想っておりましたが、

今回上記のように簡単に出来ることがわかったので、かなりオススメです

トータル的にはエックスサーバーが一番オススメですが、さくらサーバもオススメ上位に上がってきていいレンタルサーバーだと想う

 

★☆★オススメレンタルサーバー★☆★
マルチドメイン数・データベース数・転送量・メモリ・ディスクスペースがポイントです
オススメNO.1


エックスサーバー

◎初めてでも使いやすく、スペックも充実しているものを求めるならダンゼンエックスサーバー

*無料SSL*月額¥1,000*マルチドメイン無制限*データベース30個 50個に増量!*転送料70G/日*ディスク200GB*メモリ16~24GB*TELサポ有
オススメNO.2


さくらのレンタルサーバ

◎低価格で高スペックならナンバーワンにオススメ ヘヴィ画像ページもサクサクです

*無料SSL*月額¥396.75*マルチドメイン20個*データベース20個*転送料80G/日*ディスク100GB*メモリ18GB*TELサポ有
オススメNO.3


ヘテムル

◎高スペック重視で先々までガッツリ安心を求めるならヘテムル!いずれ使いたい憧れサーバー

*無料SSL*月額¥1,500*マルチドメイン無制限*データベース100個*転送料120G/日*ディスク256GB*メモリ16BG
☆アフィリエイト向けレンタルサーバー選びのポイント&注意点詳細はこちらを参照下さい☆
☆始めやすく内容が充実しているレンタルサーバーはこちらをチェック☆

 

 

 

☆2、以前の実験で手順を間違えながらもなんとかなった方法(過去記事ですが残しておきます)

 

私は以前やってみたのがインストールしたデータベースをフォルダごとhomeへ移動なのですが,,,

その方法だと複数のドメインで運営出来ないのでは?

という内容の記事を読んだことがあり、

ええ〜〜!? そうだったのう!? 

とがっくりというかなんかまた面倒くさいことになるのかしら しくしく

今度実験してみよう そうしよう

と思い、今回実験してみました

 

 

やってみたやり方は

まず普通に上記URLページのように

ドメインを設置し、

データベースを作ります
(データベースパスワードはバージョンごと設定すれば良いので今回は
データベース名とテーブル接頭語の設定のみでOK)

 

 

そしてクイックインストールですが、

 

私が最初にやってみたやり方ですと、ワードプレスの設定でURLを変えなければなりません

それは直下にインストール出来ないことを知らずに普通にクイックインストールしてしまったので、”修正するために”  そうしました

で、今回はそれがわかっているので、

最初からドメイン直下みたいにできそうなやり方を試してみた

 

それは

*クイックインストール設定を少し変えます

 

インストール先を

http://ドメイン名/インストール先フォルダ名

ではなく、

======================================

※① http://マスタードメイン名 (初期ドメイン名).sakura.ne.jp

※②データベースを置くフォルダ名
(ドメイン設置の際作成したフォルダ名)

=====================================

にする ⬇

クイックインストール

※①のようにここを取得した独自ドメイン名ではなく、
サーバの初期ドメインにするというのがポイント

あとは普通に上図の内容を入れてインストールする

 

 

 

次に

アプリケーションの設定へ進むをクリックして
(※20150827追記;ここでアプリケーションの設定に進むと独自ドメインURLでサイトを表示出来ますが、ログイン時にマスタードメインが見えてしまいます。つまりサイトのURLが2つ存在してしまうということと、第三にマスタードメインを見られてしまう可能性があるという結果になってしましますのでこのやり方はオススメで来ません。上記の簡単な方法を参照下さい

⑤アプリケーションの設定へ進む-2

 

サイト名、ユーザー名やパスワード等すべての項目をチェックして

WordPressをインストールする

 

それでOK

通常はここでめでたしめでたし

 

 

 

しかしここでも私は手順をまつがってまた変な感じになりますたよ!

今想えば、おそらく設定途中でお手洗いに行ったので笑

インストール設定をしてインストールしたら

アプリケーションの設定に進まないで

いきなりログインしようとしたんだと想います笑
(アプリケーションの設定に進むのを忘れたらしいw)
(※20150827追記:ここで間違ったため簡単な方法がわかったのでした笑

 

ドメインURLでログインしようとしたら、

サイトが表示されませんでした笑

Not Found とかのデザインに似た

ん?は?ってページになって表示のどれをクリックしても

開けませんでしたよw

 

アプリケーションの設定に進むのを忘れたらしいことに気付かず、

ファイルマネージャーで確認してみたらばですね、

 

なんとhomeの中の別なフォルダの中に入ってましたyo!!!?笑

ファイルマネージャーフォルダ移動

 

 

 

そこでやっぱり

その新規サイトのデータが入っている階層のフォルダを

フォルダごと えいっとやってみたです笑

ファイルマネージャーフォルダ

 

 

そしたらこのフォルダすでに存在します上書きしますかあ?

となったので

やけくそぎみにOKしましたの

 

で、ドメインURLでログイ

ンしてみようとしたら、

普通にアプリケーションの設定画面になり、

WP初期設定が出来たんです

つまり

フォルダごとドラッグしても私は複数管理出来てます

( ̄ー ̄)

ふう

めでたし めでたし…………………….

(※20150827追記:これはですね、上記のクイックインストールのデータベースを指定するのを忘れてデフォのままでやってしまい、他のサイトのデータベースに入ってしまっった!んで、こうなったもようです(恐ろしいですねぃ!笑)このミスをしてなければフォルダ移動もせずに偶然最短で簡単な方法で出来たということです笑

 

 

インストールの際は、自己責任において吟味して下さい<(_ _)>

 

 

以上 あふぃり〜ち備忘録でした

ではよい あふぃサイトライフをば!

 

 

"サーバー契約・ASP登録・ドメイン取得” の
注意点や選び方をまとめてみましたので
こちらもチェックしてみて下さい☆
★レンタルサーバー選び方
注意点
はこちら

★登録必須ASPの内容
ピックアップ
はこちら
★独自ドメイン取得
注意点
はこちら

 - さくらインターネットについて , , , , ,

スポンサーリンク



スポンサーリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

three × 5 =

  関連記事

さくらサーバー自動クイックインストールでドメイン直下に出来なかった場合の修正方法

  *注意点〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 さくらのサーバでワードプレスな …

サーバーのファイルマネージャーからアップロードできない場合の確認

サーバーのファイルマネージャーからファイルをアップできない場合の確認しておきたいことをまとめメモしました

さくらのサーバスタンダードプラン契約申し込み方

  転送料が充実していて低価格で使えるのが  “さくらのレ …

さくらのサーバにムームードメインを設置

        まずはドメインを設置しな …

Word Pressで現在メンテナンス中のため〜で開けない

ワードプレスでさくらインターネットや、エックスサーバーがメンテナンスモードになって開けなくなった場合のメンテナンスモード解除について