あふぃり〜ちどっとこむ

アフィリエイトを始めるための準備と注意点(備忘録)

最初にオススメのスペック充実レンタルサーバー

      2017/10/22

サイトを立ち上げたいとか、独自ドメインでブログを書きたいとか、

アフィサイトを始めたいなどなどそういった場合、まずレンタルサーバー

を選ぶことが最初に必要になってきますが…….

初心者にはかなりストレスのかかる面倒くさいことが無数に発生する

そんな中で、最初に選択したサーバーに失敗感があり、大幅に軌道修正しなければならなくなるとかなりの時間的ロスになって食べる前から胸焼けしてるみたいでイヤです笑

*本題に入る前の面倒くさいことはなるべく許してくださひw
*まずは本題で悩まさせてくださひw

ってのが本音だと思う

 

おすすめレンサバ

 

サーバー選びは土地選びのようなもので

どんな土地がいいかはその人によってもちろん違うでしょうけれど

サイト・ブログを作っていきたいけど右も左もわからないって方は

スペックやサービスが充実しているかを重視しておくことが必要です

 

レンタルサーバーを選ぶ時、

“最初だし、初心者だから小スペックの安値のサーバーでいいや”

と選ぶのも手だとは思いますが、

 

最初だからこそある程度内容が充実してる方が楽です

そしてその方が結局後で引っ越したりする手間も省けるし、慣れてきてもっと展開していきたくなった時、すでに持っている土地でまずは広げていける方が早い

 

どうやったら楽できるか、そこばかりがメインになるとサイト運営は難しい部分もある
(失敗は良質な養分と捉えられることが鍵になり、それがオリジナルな財産になるから)

でも、本題からソレた部分でつまずいてるヒマなんか無いのも事実で、楽してというか、

本題でスムーズに経験を積んでいけるためには

“どうやったら仕事速度を上げられるか?"てことは意識しておかなければならない

 

当然、

リスクを分散させておく意識も大事なので、最初から複数のサーバーと契約していく必要もある

その中で、メインに使えるサーバーを最初から意識していけた方が絶対いい

っというお話しです

==================================

ブロガー、アフィリエイターが

最初にこそ選ぶべきレンタルサーバー

始めやすい・使い安い・スペックが充実しているレンルサーバー

“初心者にもオススメレンタルサーバー”

はどこでしょう?

=========================

 

 

☆ブログ・サイト構築初心者の場合のレンタルサーバー選び

 

右も左もわからない状態の場合、面倒なことや困り果てることが当然結構あったりするけれど、

大事なのは、

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

1*自動機能など、単純化機能は充実しているか

2*スペックは先々まである程度安心か

3*使っている人が多いか

4*価格は安すぎないか

このあたり……….

 

5*結果どこがいいのか

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

1*自動機能や単純化機能は充実しているか

①*最低でもワードプレス自動インストール機能があること

②*ファイルマネージャーからもあれこれ出来ること

 

この2つで

初心者でも始めやすいか、進めやすいかが変わってくる

 

①*最低でもワードプレス自動インストール機能があること

通常、サイトのファイルを何らかのソフトを使ってサーバーに接続し、アップロードするのがこれまでのやり方の主流だと思う

これは別に普通のことなのでしょうが始めたての時私は

セキュリティの問題がどうしたとか仕組みがどうしたとか階層がどうしたとか

ちんぷんかんぷんで胸焼けしていた笑

 

でもアップロードはワードプレスの場合(サイト、ブログ作成無料データベース)

ほとんどのサーバーで全自動で出来たりします

 

出来るのですが、そこに落とし穴があったり、完全でないサーバーもあったりする

もちろんそれでダメかというとそうでもないけれど

 

でも、最初の始めたての時に、

この穴に遭遇すると結構時間のロスになってただろうなあと想う

・ FTPで既にラクラクアップ出来ます

・全て “シリウス” で攻めます

・レンタルサーバーのことは知りたくないから無料ブログで続ける

という方 以外は

“データベース自動インストール機能” がしっかりしていてわかりやすいものを選んだ方が楽です

 

 

②*ファイルマネージャーからもあれこれ出来ること

サーバーの管理画面から直接ファイルを作成し、アップ出来ると、

小テーマなどを追加したり編集したりするときにも便利

ワードプレスで運営する場合、テーマ編集が必要になってきたりもする

そのとき、小テーマで編集すると便利なのですが、小テーマの内容を追加していくなども、

ソフトを使ってサーバーに接続し、アップロードしなくとも簡単に出来るので、

それが出来る環境の方が本題に早く入れるということ

 

単純に独自ドメインでサーバーを借りてサイトを構築して行く場合、

初心者だと本題に入る以前のハードルがかなりある

それらは出来るだけ最小にしておきたい

 

 

 

2*スペックは先々まである程度安心か

例えば

ある程度アクセスのあるサイトを複数運営すると考えている場合と、

1〜2サイトでアクセスのあるサイトをじっくり運営する場合、

とか

画像は多くなるのか、総記事数はどのくらいになりそうか

すぐやめるのか 持続的なのか

そういった目的によっても違ってくるけれど

 

それらはやってるうちに見えてくる場合や、

変更せざるえない状況になってくる可能性もやり始めの場合は特にある

なので、とりあえずなんでもいいしすぐ止めると決まっている場合を省けば

 

ある程度全てにおいて対応出来るもので、高価格でないもの

 

が 当然いい

 

つまり、スペック的には

マルチドメイン無制限転送量”50GB/日”以上

データベース10個以上ディスク容量100GB以上

メモリ12GB以上

を選択しておくとあとあとまである程度余裕を持てるということ…

 

なので、この数値に近く、価格が自分でも持続出来る範囲である

ということがポイントになってくると言える

何故この数値になるのかというところが気になる方は

このページも参照下さい
(⇒アフィリエイト向けレンタルサーバー選び

 

 

 

3*使っている人が多いか

やり始めの場合、どちらにしてもつまずくと思うのですが

その場合、サポートに頼っていても待たされるばかりで時間がもったいない場合も多い

なので、ネット上の前駆者の情報が重宝したりする

使っている方が少ないマニアックなサーバーだと、ネット上にも突っ込んだ情報が少ないかもしれないですし

例えば不具合等の内容を検索してすぐ解決出来るような記事にヒットしないようなら明らかに後で困るでしょうということ

探しやすさと情報量は重要かなと………

 

 

 

4*価格は安すぎないか

価格がやすいという吸引力はすごいから

それについもっていかれてしまうのだけれど

 

“安かろう悪かろう”

は基本的にはどこも一緒だなぁ ということ

安さには必ず デメリットが存在する

 

例えば激安サーバーなどは

落ちたり、制限がかかったり、思わぬ不具合に直面したりするかもしれない

“リスクが伴う”ということで

その思わぬ不具合に適応出来るだけの知識や時間、精神が初心者にあるのかというと

ない! 私は ない! 笑

 

リスクを完全になくすことは不可能だけれど

最初は特に軽くさせておきたい

 

 

 

5*結果どこがいいのか

以上全てを満たしていて

お求めやすい価格なのは

エックスサーバー X10プラン

 

初心者こそ、やり始めの方こそ

エックスサーバー X10プラン だと思う

 

とにかく便利である程度のことをするための内容が充実しているし

わかりやすい

 

ズバリ オススメサーバー

 

レンタルサーバー Xserver

スペック的にも充実していて複数大規模サイトを運営できるし、自動機能や便利な機能がそろってます

そして管理パネルなども使い易い
まずここを押さえておけば間違いないです

 

その次は

さくらインターネットの

さくらのレンタルサーバ スタンダード

ここはスペックが充実している中では一番コストがかからない

スペック充実&ローコストでは一番オススメです

ただ、やや自動機能や管理パネルの利便性ではひとクセありますが、その辺はシロートだった私でも何んとかできたので大丈夫ですw

▷(さくらインターネットについてを参照ください→ワードプレス自動インストールなどについて備忘録してます)

 

これだけ差があるという現実をまず確認してみると目的別にサーバーを考えた方がいいことがはっきりわかる
転送量などが低いサーバーは、GB/で記載されているものがネット上に溢れてるし、価格表現も月料金日割り料金税抜価格等様々なので、比較する単位もしっかりチェックすることをお忘れなくw

☆レンタルサーバースペック比較表☆

価格は税抜き表示にしましたが、※の部分は、メーカー表示価格で、年間税込額より約で税抜き価格が表示されているようです
左右にスクロールで来ますので参照下さい

 エックスサーバー
ヘテムル
さくらの
レンタルサーバ

ロリポップ!
スターサーバー
コアサーバー
 100GB無制限
レンタルサーバー
【X2】

無料SSL①◯②◯
④◯⑤◯⑥◯⑦共有SSL
標準装備
初期費用
①3,000②3,950
953
④1,500⑤1,500⑥無料
6,000
月額(1年契約)①1,000X12(12,000)②1,500X12(18,000)③396.759..X12
(4,761..)
④500X12(6,000)⑤500~X12(6,000~)⑥※397X12(4,762)⑦1,800X12
(21,600)
転送量①70G/日②120G/日
80G/日
④100G/日⑤約9.6~10G/日⑥∞
70G/日
マルチドメイン①∞②∞
20個
④100個⑤∞⑥∞
データベース30個 50個に増量!②100個
20個
④30個⑤20個⑥∞
ディスクスペース①200GB②256GB
100GB
④120GB⑤100GB⑥120G
100GB
メモリ①16~24GB②16GB
18GB
④?⑤メモリ?
仮想CPU3コア
⑥最大384GB
16GB
メール①∞②∞
④∞⑤1000個⑥∞
サポート①Mail&TEL②Mail
Mail&TEL
④Mail&TEL⑤Mail⑥Mail
Mail

 

アフィリエイト向けレンタルサーバー選び注意点はこちらを参照

エックスサーバーにワードプレスを簡単にインストールするにはこちらを参照 

 

 - サイト初期設定注意点, レンタルサーバーについて, エックスサーバーについて , , , , ,

スポンサーリンク



スポンサーリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

one × 2 =

  関連記事

二次審査にむけてのSeeSaaブログ広告表示の準備

  ☆アドセンス広告サイズを選択する   アドセンス一次審査 …

サブドメイン設定とWord Pressインストール

    独自ドメイン取得には1個1個料金がかかるけれど 独自 …

さくらのサーバにムームードメインを設置

        まずはドメインを設置しな …

Word Pressユーザー名を変更&投稿者アーカイブURLからユーザ名を表示させない

  ワードプレス運営セキュリティ注意点は結構ある 大まかには &#82 …

画像圧縮でサイト軽量化

    画像はテキストに比べて圧倒的に重い なのでサイトに画 …

Word Pressメニューバーカスタマイズ

    Word Pressはサイトやブログを運営していくための友ツー …

アフィリエイトで先に準備しておくべきもの

    アフィリエイトを始めようとすると準備しなければならな …

独自ドメイン取得と注意点

      ☆独自ドメインとは    & …

Word Pressで現在メンテナンス中のため〜で開けない

ワードプレスでさくらインターネットや、エックスサーバーがメンテナンスモードになって開けなくなった場合のメンテナンスモード解除について

Word Press固定ページと投稿ページの使い分け

    Word Pressでは 固定ページと 投稿ページ があるので …