あふぃり〜ちどっとこむ

アフィリエイトを始めるための準備と注意点(備忘録)

Macの必須メンテナンス(アクセス権修復・キャッシュ削除・セーフモード)

      2018/05/16

Macに必要な自分でできるメンテナンス、

Macを長持ちさせるためにやっておきたいメンテの備忘録です

で、El Capitanからこれまでとは変わり、少し楽になりました

全て私は実際やってみて試してますが、必ず事前にPCシステムのバックアップをとってからにした方が無難です

Macの場合はTime Machineだと簡単にできます

 

今回は、Macのメンテとしてのまとめで

El Capitan 以前のOS Xの場合と、El Capitan の場合のメンテの仕方備忘録です

 

Mac Maintenance

 

〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜
それぞれEl Capitan(10.11~) 未満のOS X,
以降のOS X、El Capitan(10.11~)に分けて書いてみました

☆1、キャッシュの削除

☆2、アクセス権の修復

☆3、セーフブートモード

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

☆1、キャッシュの削除

 

safari(ブラウザ)のキャッシュも溜まると動作が重くなってきます。なので、キャッシュも削除してスッキリしたいですよね、

ただ、ブラウザのキャッシュを削除すると、記録された情報が全部削除されるので、ログイン情報なども削除されます(情報を忘れているとログインできなくなりますのでご注意ください)。
事前にログイン情報はメモしてあると思いますし、ブラウザ上に保存させたままはセキュリティ上もよくないので私は削除して記録させてません。。。。

なのでガンガンキャッシュ削除します笑

 

*もし、履歴のみ削除したいのであれば、

Safariの場合はちょっとわかりづらいです笑

Safari>Optionキーを押す>履歴のみ消去できる項目が出てくる
Safari履歴のみ削除

 

 

 

*OS X El Capitan 未満のOS Xのキャッシュの削除

OS X El Capitan より前のOS Xの場合です

 

・safari(ブラウザ)のキャッシュ削除

Safari>Safariをリセット>

Safariリセット01

 

 

内容と項目をチェックしてリセットする

Safariリセット02

 

 

 

Safari>開発>キャッシュを空にする

Safari>開発>キャッシュクリア

 

 

 

・ライブラリのキャッシュフォルダ内の削除

Finder>移動>optionキーを押す>ライブラリ>
optionキーを押さないとライブラリは表示されない)

Finder>移動>optionキー>ライブラリ

 

 

下図のウィンドウが表示されるので、そのCachesフォルダの中を削除する

キャッシュクリア05

 

で、ゴミ箱の中味を空にするを実行する

キャッシュクリア06

 

できたら再起動する

(※何回も続けるをクリックさせられますが笑 終わるまで私はやります笑
で、再起動してさらに完全に削除します。。。)

最初から再起動してから削除しても良いのかもしれませんが 笑。。。。。。。

 

 

 

*OS X El Capitan の場合

 

・safariキャッシュ削除

Safari>履歴を削除

safari履歴削除-2

 

 

下図ウィンドウが表示されるので、対象を選択する

サファリ履歴・クッキー削除②

 

 

safari履歴・クッキー削除③-2

 

 

 

safari>開発>キャッシュを空にするをクリック

キャッシュを空にする-2

 

 

・ライブラリのキャッシュフォルダ内の削除

Finder>移動>optionキーを押すライブラリ
optionキーを押さないとライブラリは表示されない)

finder>移動>option>ライブラリ

 

 

Cachesフォルダの中味を削除

Cachesフォルダ

 

で、ゴミ箱を空にして再起動でOK

 

 

 

☆2、アクセス権の修復

*OS X El Capitanのアクセス権の修復

El Capitanの場合 セス権は自動で修復してくれるので、自分でやる必要はないw

 

 

*OS X El Capitan 未満のOS X アクセス権の修復

El capitan より前のOS Xの場合です

 

Launchpad>その他>ディスクユーティリティ

Launchpad>その他>ディスクユーティリティ

 

 

下図のように、ディスクの検証をして、問題なければOKです

問題ない場合

 

 

下図のように、ディスクの修復が必要な場合は、指示してくれるので、それに従う

下図の場合だと、バックアップ(Time Machine)をつないだ状態で、Macを再起動し、Appleロゴが表示されるまでcommand+Rキーを押し続ける

アクセス権検証02

 

OS Xウインドウが表示されたらディスクユーティリティを選択続ける

アクセス権修復01

 

 

下図のように、ディスクを修復できるウィンドウが表示されるので、ディスクを修復する
(下図はここでも一度ディスクを検証してみてから修復する画像です)

アクセス権修復02

 

 

修復が終わったら画面を閉じ、再起動する

アクセス権修復03

 

 

再起動したらそれでOK

 



 

☆3、セーフブートモード

これはOSXが違っても今の所やり方は同じ

 

まずMacの電源を落とした状態から、電源を押し、shiftキーを長押しする

Power Switch

 

 

 

shift長押し

 

 

あぽうのロゴマークが表示されたら離して良い

あとは、不要なキャッシュを削除してくれて、セーフモードで起動してくれます

若干時間かかりますがそれでOK

セーフブートモード

 

で、このモードはいつもと違う起動の仕方をしているので、再起動する

 

これらは最低1ヶ月に1回はやった方が良い

 

では良い PCライフ Macライフをば!

 

Macはお得に仕入れましょう

始めやすく内容が充実しているレンタルサーバー

 

 - PCについて, Macについて , , , , , , ,

スポンサーリンク



スポンサーリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − thirteen =

  関連記事

Macでアプリケーションが終了できなくなった場合

Macで色々作業していると、動作が遅くなり、 終いにはアプリが閉じれない つまり …

Safari で画像が全て非表示になってしまった場合

  突然、サイトの画像が全て表示されなくなったり ワードプレスのメディ …

PCスペック_
サイトアフィリするPC購入の際気をつける点・必要スペック

  アフィリエイターの場合、Windowsを使ってる方が圧倒的だと思い …

Macはお得に仕入れましょう

Macは高い!というイメージをお持ちかとお思うけれど、お得に購入すればその使いやすさに更にお得感を得られる