あふぃり〜ちどっとこむ

アフィリエイトを始めるための準備と注意点(備忘録)

サイトアフィリするPC購入の際気をつける点・必要スペック

      2018/01/15

 

アフィリエイターの場合、Windowsを使ってる方が圧倒的だと思いますが、それ以前に使っていたソフトの互換性などにより、Macを使っている人もいるかもしれない..

 

ま、最終的には別にどっちでもいい気がしますがね 笑

それよりも内容、スペックが気になったりします

私は結構重たくしてしまったり、作業中に落ちたりすることもあったりした(WinでもMacでも) なので、

ちらり調べてみました…

今回はそこらへんの備忘録です〜〜

 

PCスペック_

 

〜目次〜〜〜〜〜〜

☆1、アフィリエイターのPCスペックはどのくらい必要?

☆2、スペックのチェックすべきポイントは?

☆3、Winなら?

☆4、Macなら?

☆5、まとめ

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

☆1、アフィリエイターのPCスペックはどのくらい必要?

 

これはやり方によって結構変わってくるとは思いますが、

わかりやすく、主流のIntelで選んでいきたい

i5デュアルコア以上(i7クアッドコアが理想)・2.5GHz以上/メモリ4GB以上(増設可能スロットがあった方が良い)/HDD512GB以上

は私だったら最低必要に感じます

 

理想は

i7クアッドコア3.0GHz〜/メモリ16GB/HDD1TBですw

 

そんな必要ないんじゃない?って声も聞こえてきそうですが…

確かに

i5デュアルコア2.2GHz/メモリ8GB/HDD256GB  ぐらいでも問題なかったりもする

実際その辺を使ってたりします

 

でもかなり無数のソフトをインストールする、それらを使いまくり、ブラウザは2種類で開きまくる、evernoteも常に開いたまま作業するってことが結構あったりする

そうすると結構動作が重たくもっさりしてしまう…….

で、しまいにタブが開けなくなる、ソフトが落ちるなんてまき起こる笑

まあ、同時に色々やりすぎなんですが、マメにいちいち閉じるのが面倒なのもあってついそうなってしまう

その点、Winは逆でいちいち閉じてしまう仕組みになっているから一回一回立ち上がるのに時間がかかって眠くなる 笑

 

どっちにしろある程度のヘヴィ作業には耐えてもらわないと困るから結局ある程度安定したスペックは、”効率を考えると必要”になってくる

 

もし、これから本気でブログ、サイトアフィリを始めてみようと思うならやっぱりまずは高スペッックのPCは必要になってくるということを頭に入れておいた方が良い

最初は有料な便利ツールをガンガン購入出来ない可能性もある

そういった中でPCももっさりと重い状態で作業しなければならないなら、自分にかかる負担、タスクをこなす時間はますますかかり、効率は下がる一方だ

 

ま、すぐには新調出来ないにしても、次に仕入れるとき、その時はガツンと高スペックを狙うつもりでいた方がいい

重いPCは効率と思考体力を低下・悪化させるストレスを膨張させてしまうことになる

 

で、

ソフトの互換性とか何か特別な理由がない限りはWindowsがいい

理由はアフィリエイターツールはほとんどWin用だから…..Macだと使えないのばかりです………

私は自宅ではMacなのでシリウスは使えない(無理すれば仮想化ソフト使ってできるみただけれど..)

今私はワードプレスで6サイト、他は無料ブログでネチネチやっていてそれだけでままならない感じ 笑

で、シリウスがあっても量産出来る気がしないのと(自分自身の問題で)、アフィリやる前に最初に持ったPCがMacで今手持ちのソフトがMacしか互換性がないってのが結構あって、

Winに乗り換えるならその方が断然高くついてしまう……….なのでMacで続けている

他のツールも使えるツールだけでやっている….

でも、そういった何らかの理由がない場合、通常、Winの方が安く済むし使えるツールが多いのでWinがいいと思う

 

☆2、スペックのチェックすべきポイントは?

あんまり深く突っ込んだ知識が必要なわけではないのですが、微妙な線で迷った時などは選ぶ基準になるので何がポイントなのかはほんのり解っておいた方がいいのかな?….

①CPU

CPUは処理速度や処理する部屋の個数やそういったパソコンの核になる頭脳に値するもの

Intel ( インテル )、AMD ( エーエムディー )とかが主流ですが、今回は 一番メジャーな  “Intel” で話しを進めます

 

コア

クアッドコア>コアが4つあるってことで、処理する中心部が4つあるってこと

デュアルコア>コアが2つ、処理する中心部が2つあるってこと

つまり、クアッドコアの方が同時処理能力を高めるコアだと言える

core i5 5000とか core i7 5700  とかはコアの名前で6000シリーズが新しいようです

そして基本的には i7>i5>i3 の順で i7が一番賢いとされているし、i7クアッドコアのPCはやや高めのプライスってことになります………….

 

処理速度

・処理速度、クロック数を表すのが2.5GHzとかの表記のもので、数値が大きければ処理速度が速く、性能がいいってことらしい

この数値はCPUのパワー、性能を測るにはポイントでわかりやすい

でも、2.2GHzでも例えば i7クアッドコアでメモリ16GBあるのって場合はかなりサクサク使え、十分高スペックだと感じる

もちろん用途にもよるけれど、普通にブログ書いたりネットする分には余裕持っていける

少なくとも私は…..

だから全体のバランスで見た方が良い

 

②メモリ

・メモリは処理するデータを一時的に仮置きするスペースみたいなもので、これも数値が大きければ大きいほど処理は楽にできるようになる

最低でも4GBは絶対必須です 8GB以上ができればいい

今の時代はもうメモリ2GBってタイプないかもしれないけど、もしあって破格でも、まずやめておいた方がいい

メモリ2GBしかないPCはインストールできないソフトもあります笑

増設することが可能なタイプもあるので、もし4GBなら、あと4GBは増設できるスロットがついてるものにしといた方が無難

例えばコアがi5デュアルコア2.2GHzとかだと、メモリは8GB以上絶対欲しくなると思う

 

③HDD

・データを長期的に保管する記憶装置スペースで、ハードディスクドライブとかいう奴ですねw

SSD( ソリッドステートドライブ )とかいう記憶装置もありますが、比較的HDDの方が安く、大容量な場合が多い

で、PC本体の記憶装置も、ある程度余裕がないといろんな断片が蓄積してだんだん重たくなってくる上に、基盤作業スペースですから、一時的に重いファイルを置く場面も出てきますよね、…

なので作業スペース用の外付けHDDをつけるにしても、本体に余裕があった方がいい 

それに外出仕事でいちいち外付けHDD持ち歩きたくないですよね笑

だから512GBくらいは欲しい

私はトップに何もファイルを置かない状態で180GB以上に達している笑

 

以上のCPUの3点が最もチェックした方が良いポイントだと思う

あとはノートなら何インチかとか、USBポートは何個ある?2.0or3.0?、ディスクドライブはついてる?とか、Wi-Fiの互換性は?などなどでしょうう…

 

 

☆3、Winなら?

Winの場合は価格がお求めやすい価格なのでがっつり安くても疑問を持たない人もいますが、Officeが入ってなかったりCPUの性能がすんごく低いとか色々難がある場合も多いです

しかもOfficeには種類があってWordとExcelしかないものや、最初は無料で付属していても、のちに有料になるものもあっったりするので確認しておきたい

 

OFFOCE 製品ラインナップ

Office365は最初無料でついてきても月々有料になる(1ヶ月¥1,274/年間¥12,744)

Office Professional 
premium ⇩
Office Home&
Business Premium ⇩
Office 
Personal Premium ⇩
永続的,
Word,Excel,
Outlook,
PowerPoint,
OneNote
,Publisher,
Access,
プラス
1年間の
Office365 

永続的,
Word,Excel,
Outlook,
PowerPoint,
OneNote,
プラス
1年間の

Office365 

永続的,
Word,Excel,
Outlook,
プラス
1年間の

Office365 

(詳しくは Office 製品ラインナップ 参照)

 

 

 

☆4、Macなら?

MacもOS XによってiDVD,iWeb,iPhotoなどが新しいOSなのに入ってなかったりする

アフィリやるのでも軽く画像作成や、動画作成なんかはできた方がいいですよね?

それとワード、エクセル、パワーポイント的な作業ができて、それらと互換性あった方がいいですよね

Pages(Word),Numbers(Excel),Keynote(PowerPoint),がそうで、互換性もあなので便利です
OSごとに主な搭載アプリケーションが微妙に違うのでチェック

 

Mac OS X別搭載 主要アプリケーション

左右にスクロールして閲覧できます

Application
OS X\
M.LionMavericksYosemiteEl Capitan
ガレバン
.
iPhoto
.
-
iMovie
.
iDVD
.
----
Pages
.
-
Numbers
.
-
Keynote
.
-
メモ
.
テキスト
エディット
写真
.
---

まだ他にも沢山あり、上記だけではありません

(mavericksアプリケーション詳細)

(Yosemiteアプリケーション詳細)

(El Capitanアプリケーション詳細)

で、上記はクリンインストールした場合そうなりますってこと
例えば、El CapitanにはiPhotoがなく、”写真” というアプリになってこれまでできたことが一部出来ない。でも、キャピタン以前のOS Xにはあったので、そこからクリンインストールせずに、アップデートすればそれらは引き継がれ、iPhotoも写真も搭載されたMacちやんになりますw

じゃクリンインストールしない方がいいの?ってなりますが、クリンインストールすると、それ以前の不要なゴミデータをしっかり削除できるので、PCの動作が向上します

逆にアプデで済ますと、全て引き継がれていきますので、以前のアプリも引き継がれますが不要に蓄積したゴミも一緒に引き継がれるので、PC自体には負担がかかっていきます

どっちがいいかはその人次第、タイミング次第でしょうう…….

 

☆5、まとめ

何にしてもアフィターはまずPCがないと始まんない!

できれば高スペックなPCを入手すべきと思う

そうすれば作業効率はかなり上がります

もちろん何贅沢言ってんのって考え方もあると思うけれど、

楽器、カメラなんかでもそうだけれど、

『腕がままならないのにいい機材使うなんてアホだ!』

は、結構間違っていると思う笑

 

『腕がないからこそ、機材の力を借りるんだ!!!w』

 

だからレンタルサーバーも便利なの使った方がいい

(始めやすく内容が充実しているレンタルサーバー参照)

 

以上です

では良いアフィライフをば!

 

 - アフィリエイト基礎知識, PCについて, Macについて , , , , , , , , , , ,

スポンサーリンク



スポンサーリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

twenty − seven =

  関連記事

独自ドメインをXサーバーに設置

    ドメインを取得してサーバーに設定していく手順としては …

Macの必須メンテナンス(アクセス権修復・キャッシュ削除・セーフモード)

Macに必要な自分でできるメンテナンス、 Macを長持ちさせるためにやっておきた …

アフィリエイトの参入ジャンル、キーワードの選定

    アフィリエイトではこの “参入ジャンル& …

BackWPupの設定~ワードプレスバックアッププラグイン~

    BackWPup Free – WordPress …

アフィリエイトの作業量を増やす方法

アフィリエイトはまず膨大な作業量を桁外れにできるか、異常値を作業量で叩き出せるか?そこが最初の鍵ですよね、、、、作業量を増やすには?

Word Pressサイトにソーシャルブックマークを設置する

      アフィリエイトサイトの場合もブログと一 …

バリュードメイン取得、更新の仕方、注意点

今日はバリュードメインのお話です 他のドメイン業者企業とちょっと違うところで注意 …

ASP商品リンクを横に並べて貼る

   アマゾンとか楽天とかのASP商品広告リンクを横に並べて表示させた …

アフィリエイターツール

    サイト運営にあたってこれはもう必要不可欠なのではない …

All In One WordPress Security and Firewall Plugin の設定

      〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ☆A …