あふぃり〜ちどっとこむ

アフィリエイトを始めるための準備と注意点(備忘録)

二次審査にむけてのSeeSaaブログ広告表示の準備

      2015/08/02

AdS. Secondary Examination

 

☆アドセンス広告サイズを選択する

 

アドセンス一次審査が通ったら、

次にはブログに、アドセンスの広告を表示させる準備をする

 

アドセンス広告は、色々なサイズがあって

サイドバーとのサイズが合わない場合もある

その場合、サイト自体のレイアウト幅を調整出来るのがベストだけど、

自動的に合わせてくれる、”レスポンシブ” 

という便利な広告タイプがあるので

それでやると便利

 

スマホに表示させる時なども

サイトのテンプレ自体が ”レスポンシブ” だったりするけど

その場合にも適応出来るのでとても便利

 

下記のページのーーーーーーーーーーーまでを参照
”レスポンシブ” なアドセンスコードを取得する

 

 

 

☆アドセンスで取得した広告コードを seesaa ブログに設置準備する

 

*PC表示の設定

コードを取得したら、今度はSeeSaaブログに戻り、

デザイン>PC>コンテンツで、下図のように、”自由形式のボックス” を設置したい場所へドラックする
好きな箇所に3個まで設置出来る(3個以上は違反)

自由形式ボックス設置

 

ヘッダー部分にも設置出来るけれど、もし設置するなら横長にした方がよい

レクタングル系はファーストビューでメインコンテンツを全て広告 で下に追いやってしまう可能性が高く微妙

それは警告される可能性がありレイアウトは注意が必要

 

この二次審査では、設置してもすぐ表示されないので、どんな風に表示されるのかは

すぐにわからない

なので地点では、サイドバーと記事の下の部分くらいでいい感じ

 

ボックスを設置したら、取得したコードを貼り、保存する↓

自由形式ボックスにコードを入れる

 

PC表示の方は以上でOK

 

 

 

*スマホ表示の設定

デザイン>スマートフォン>コンテンツで開き、

要領はPCの設定と同じ

ただ、スマホ表示の設定は、デフォルトの広告を消しきれていれば問題ないが、

消しきれてない場合は設置しないか、1つか2つまでにしておいた方が無難

スマホの広告を消す 参照)

 

 

そしてこの準備が出来たら待つ

 審査に通れば広告が表示されるようになるので、

それから色々試してみる

 

そして他の自サイトにも設置してどんどん試してみる

 

サイトによってよい表示場所がわかってくる

 

以上よい アドセンスライフをば!

 

"サーバー契約・ASP登録・ドメイン取得” の
注意点や選び方をまとめてみましたので
こちらもチェックしてみて下さい☆
★レンタルサーバー選び方
注意点
はこちら

★登録必須ASPの内容
ピックアップ
はこちら
★独自ドメイン取得
注意点
はこちら

 

 - アフィリエイト基礎知識, AdSense申請, サイト初期設定注意点, AdSenseについて , , , ,

スポンサーリンク



スポンサーリンク



Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × five =

  関連記事

Googleアナリィティクス用語の意味

  データ収集、サイトの改善のために必要なことを知るなど、 アクセス解 …

Yahooメールを複数取得する方法

  サイトアフィリエイト構築にあたって フリーメールの取得は避けて通れ …

アフィリエイター登録必須ASP

  ☆最初に登録しておきたい必須ASP   ASP登録なくし …

Word Pressサイトに固定トップページを作る

  〜〜項目〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜 ☆1、固定トップページ作成注意 …

PCスペック_
サイトアフィリするPC購入の際気をつける点・必要スペック

  アフィリエイターの場合、Windowsを使ってる方が圧倒的だと思い …

AdSense 広告の編集・マッチング・設置場所注意点

  アドセンスの広告設置にあたって せっかく設置できるのですから、 少 …

ASP商品リンクを横に並べて貼る

   アマゾンとか楽天とかのASP商品広告リンクを横に並べて表示させた …

独自ドメイン取得と注意点

      ☆独自ドメインとは    & …

AdSense で YouTube 収益を確認するには

  YouTubeの収益化とサイトAdSenseをしている場合、紐付け …

アフィリエイトの作業量を増やす方法

アフィリエイトはまず膨大な作業量を桁外れにできるか、異常値を作業量で叩き出せるか?そこが最初の鍵ですよね、、、、作業量を増やすには?